こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

みちのくの人形たち

玄関先で、突然、東北なまりの男から声を掛けられた。

彼は、もじずりという草花が、夏になると綺麗に咲くから、

ぜひお越しくださいと言う。

 

夏になると、その男からハガキが来て、そろそろ見ごろだと言うので、

東北に用事あるという知人の車で、その地へ出かけることになった。

 

かなりの山奥に、その家はあった。

その男は、まだ若いのに地元民から「旦那様」と呼ばれていた。

 

男とその夫人は、丁寧なおもてなしで迎えてくれて、

数日間、そこへ泊ることになった。

 

そこから、その家の生活や、土地の風習に少しずつ違和感を感じるように

なるのだが・・・

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

これから先の展開は、伏せておくけど、暗くどこか陰のある不気味な結末だった。

短編だが、実写化したら、かなりインパクトを呼べるのではないかと思う。