こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

おかしなことばかりな組織

単純労働だけを10年以上も続けて、今とても暇な人がいる。

1か月で0.2人月くらいの働きしかしない人だ。

 

その暇人に割り振ればよいのに、何故か別組織の自分に仕事を振ってくる。

 

確かに、その暇人がまともなアウトプットが出来るとは思わない。

しかし、あの暇人は、一日で覚えられる仕事を定年まで行い続ける

のだろうか。

 

私が体を壊して今も苦闘しているのは、長い期間、

そういった理不尽なことに晒され続けた結果だ。

 

ここにいる限り、今後も何度でもこのようなことが起きるだろうな。

 

まさにキラーストレス。

 

「消えたい」「辞めたい」「去りたい」を手帳に殴り書きして、今日の

仕事を終えたことにした。