こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

眼科

午前中、定期検診のため眼科へ行ってきた。

 

前回から9か月経過していた。

これまで半年毎に行くようにしていたのだが、

今から3か月前は、新型コロナ感染者が、全国で毎日1万人を軽く超えていた

時期だったので、受診を控えていた。

ただでさえ、その眼科はいつも混んでいる。

 

保険証を出して待っていると、30分くらい待って名前を呼ばれた。

前回と同じ人が担当になった。

彼女は結構長いことここに勤務している。

少し前まで、少し離れた提携コンタクトレンズショップの店員だったのだが、

眼科の方に所属変えになったようだ。

 

この歳になると、近眼の検査だけでなく、老眼の検査も実施する。

ここ数年で一気に老眼が進んできた。特に左目のほうが悪い。

買い物で、品物を手に取り、説明書きなんかの文字が小さくて読むのに苦労する。

近眼の人は老眼になりにくいなどどいう話を聞いたことがあるけど、

あれはデタラメなのだろう。

遠近両用のコンタクトレンズを勧められたが、

まだなんとかなるレベルなので断った。

 

検眼後は、医師の診断があるのだか、それまでの待ち時間が、また長い。

30分以上待つ間に、かかりつけの歯科へTELして、定期健診を次回の土曜で予約した。

 

今日の眼科は、受付から会計まで1時間半の長丁場だった。