こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

月曜に向けて体が拒否反応してきた

明日から始まる緊急事案対応で昨晩は寝つきが悪かった。

目を覚ますと、「会社辞めたい」「行きたくない」「もうバカバカしい」

とつぶやいた。そして起きると、すぐに腹痛に襲われた。

堪らずトイレに駆け込んだ。

 

明日のゴングが鳴る前に既に、体が拒否反応を起こしている。

今のところ、吐き気はない。

多分、火曜日ころに発症するだろう。

 

北京オリンピック

全く興味が向かない。

とてもとても、それどころではない。

 

恐怖と不安に支配されたメンタルにそんな余裕はない。

 

でも散歩だけはしてきた。

歩いている最中も、明日の展開を悪い方へと想像してしまった。

周囲への注意が散漫になり、危うく車に轢かれそうになった。

 

カーネギー著「道は開ける」という本を、少し読み進めているのだけど、

その第一章に、

「今日、一日の区切りで生きよ」とある。

 

昨日の負荷や、明日の負荷までを、今日のうちに背負うとしたら、

どんな頑強な人間でもつまづいてしまう。

エネルギーの消耗、心痛は、未来のことを気遣う人に歩調を合わせてつきまとう。

そこで、過去と未来をピタリと閉ざし、

「今日、一日の区切りで生きよ」と説いている。

 

出来る人には出来るのかもしれない。

でも自分には難しい。

これが出来ていれば、年がら年中、「胃が痛い」とか「不安だ」とか「消えたい」

などとブログ上で嘆きはしないから。。。

 

今晩も寝付くのに苦労しそうだ。

月曜日、来なくていいのだけど。

f:id:chance2017:20220205190354j:plain