こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

泣き面に蜂

土曜日の投稿で触れたように、

バグ対応のため、箸の上げ下げに至るまで管理される一週間が始まった。

 

そんな緊迫感の中、自分のパソコン端末の具合がどうも悪くなってきた。

元々他人の使い古したパソコンであり、細かいトラブルは今までも何度もある。

これまで、だましだまし使ってきた。

だが、今回は頻繁にパソコントラブル(フリーズ)に見舞われるものだから

はっきり言って仕事にならない。

f:id:chance2017:20220204220828j:plain

 

苛立った気持ちで、IT部門に問い合わせをしてみるも、

彼らの多くはリモート勤務なものだから、埒が明かない。

仕方なく、メール送信してみたものの、

メールではなく社内掲示板の問い合わせフォームを案内された。

仕事にならないから、早くして欲しいのだが、向こうは役所の職員よろしく、

「部内みんなで判断してそのうちに対応を決めます。」

という何とも他人事で呑気な返答だった。

 

イライラはさらに増した。

 

近年、会社のIT部門の劣化が酷い。

経費削減のため使い古しの旧スペックのパソコンを開発エンジニアに配布したり、

サポート要員を削減したり、ソフトのインストールを制限したりと、

何かと従業員にストレスをかけてくる。

 

日程がギチギチに組まれた、緊急バグ対応業務だというのに、

泣き面に蜂とはこのこと。

 

しかもこの事案が、今週のみならず、来週にも跨りそうだという

有り難くない情報も耳に入ってきた。