こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

バグ対応が終わったハズとしたい

先週から続いていた緊急バグ対応が、今日ようやくほぼ収束となった。

 

誰も出来そうな人がいないので、自分が試験項目を作成することになったのだが、

それの基となる設計書・仕様書の記載がチープ過ぎて、テストケースに落とし込む

のに相当苦労した。このことは、何度も責任部署に改善を求めているのだが、

全く良くならない。

 

このようなドキュメントの不備が、さらなる不具合の引き金になるケースを

これまで何度も見てきた。

もっと、酷いものになると、設計書も仕様書も無いまま、

いきなりプログラミングをし始めることもある。

 

そうなると、何か問題が生じたり、仕様変更する場合に、

スパゲッティコードを解読することになるが、

それは極めて非生産的だし、不具合を埋め込むリスクが増大する。

 

そして案の定、市場で不具合発生し、その対応工数で、儲けが吹っ飛ぶ。

そして、赤字決済からの人員削減というレールが引かれているのが当社。

 

今回のバグ対応による2次不具合が発生しないことを、祈るばかり。