こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

大阪杯

今日は大阪杯なのだという。

 

春の天皇賞へのステップレースというイメージが強くて、

G1という感じがしない。

これがG1へ昇格すると聞いたときは、かなり違和感を覚えた。

 

確かに、この距離の古馬G1創設の意図は分からなくもない。

 

というのは、天皇賞だと距離が長いし、安田記念だと忙しい。

上半期の締めくくりである宝塚記念は、春の有馬記念という位置づけだけど、

暑くなっている時期なのでメンバーが揃いにくい。

 

というわけで、古馬中距離馬にとって春の目標を。。。

ということで大阪杯をG1にした。

 

「春は桜花賞から」が基本な自分にとっては、先週の高松宮記念大阪杯

といったG1はまだプレシーズンという感じ。TVで馬なりで見るだけ。

 

f:id:chance2017:20220403151318j:plain