こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

秒で不合格となった

とある資格試験で課題提出を求められた。

一通り解いた後、見直しをしてかから、「大丈夫だろう」という判断で提出した。


しかし、提出後に、重大なことに気が付いた。

 

問題文の理解力不足で、設定を読み違えていたまま解答してしまった。

入り口の入り口で間違えて、即、アウト確定。

全くもって救いようが無いミス。

 

試験後は、問題は手元に残らない。なのに、提出後に「はっ!」と

致命的なミスに気づいてしまったというのも、何とも哀れだ。

(実際は、問題文と共に図示されていた絵を思い出して

気が付いたというのが正しい)


採点者は、一目見て「不合格」とするだろう。

採点は、ほんの一瞬で終わるだろうな。

 

でも、何となくこんなことになる予兆はあったと言える。

 

オンラインで解答するも試験だったのだけど、

わが身の弱小ITスキル・ネット環境の悪さ・試験に対する強烈なプレッシャー

と不安感など数々のマイナスが重なった上に、

更に手付かずの通常業務トラブルへの対処の方も気になっていた。

試験直前に、「重要」「至急」というメールが飛んできたことも悪さをした。

 

もはや、平常心で問題文を読み解くというコンディションとは程遠かった。

 

試験開始で、
問題文を見たらパニックになってしまい思考力が低下、

ゆえ、勝手な下手な解釈で設問の意図を浅くとらえてしまった。

普段は慎重に何事も考えぬいてから行動に移るのだが、それが出来なかった。

 

解答を作成している最中は、不得手なITツールに苦闘しながら、

とにかく時間内に完成させることだけを考えていた。

もう少し俯瞰的に冷静なメンタルで取り組めていれば、気づきが出来ていたのかも

しれない。

 

 

この試験のことを気にし過ぎて、3日前から、胃が重く、寝付けずで、

「消えたい」と何度思ったことか。。。

 

事前に苦しみ、そして本番で大失敗をやらかす無能人。

 

多額の受験費用を無駄にしてしまった。

せっかく費用を工面してくれたというのに、その人には大変申し訳ないことをした。

合わす顔がない。

周囲から、合格して当たり前みたいに扱われていたから、

不合格で評判はダダ下がりになるのは必至。

ますます内に籠り、マイナス思考が増長していく。

 

時間を試験開始の「あのとき」に戻せるなら戻したい

 

温情で部分点を貰えて、なんとか合格という望みもないだろう。

(まあ、最初の入り口で解釈を誤っているのだから、部分点なんてあるわけない)

 

問題文の解釈を間違えていたということを、試験後に気づいてしまったことも

余計な事だった。気づかない方が、普通に生活できるだろうに。。。

気づいてしまったがために、虚無な日々を長く過ごさなくてはならない。

試験前に深夜遅くまで勉強したのにこのザマ...なさけない

 

「失敗を前向きに」とマインドチェンジ出来るような柄ではないし、

弱小メンタル、小心者の身なので、長期間引きずる。

 

一晩寝てみても、空気が抜けた風船のように、ぐったりし何もする気が出ない。

毎週録画して楽しみにしているTV番組にも食指がのびない。

本来、この時季は、高校野球の春の大会期間中なので、わがご贔屓校の動向が

きになるところなのだけど、どうでもいいかなと思う。

 

ただただ、こうして、何の文章の組み立ても無く、

悲嘆にくれた言葉をキーボードで打つだけ。

 

 


それでも休み明ければ、通常業務トラブルへ全力で向かい合わなくてはならない。

何もかもが嫌で嫌で仕方ない。

消えたい。どこかへ消えてしまいたい。

 

このマイナスな気持ちが少しずつ、まともな方向へ向かうのは、

時間の経過でしかないのだろうけど、いつになるだろうか?