こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

出口が無い会議

昨日から今日に掛けて、全勤務時間の7割が会議だった。

ピースが欠けているパズルをどうやって完成させるか?というような内容の

議題が永遠と続いた。

コストカットしすぎた余り、開発を回せるだけのパワーが無くなってしまった。

開発現場はヒトモノカネ全てが足らないものだから、会議も殺伐としたものになった。

最後は、前線に立つ社員たちが休日出勤、深夜残業で対処することになるだろう。

 

 

その一方で、肥ゆる一部の役員は益々肥えていく。

どう考えてもおかしい。

 

時代が時代なら、一揆が起きて、役員共の首を撥ね、河原にさらし首だろう。