こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人

自律神経

昨晩は、入眠障害中途覚醒

 

昼間から、自律神経が乱れている感じでソワソワ落ち着きが無かったので、

入眠に苦労するだろうとは推測していたが、

今回のはかなり厄介なものだった。

 

寝床に入ると、すぐに

両足のふくらはぎに痺れやだるさを感じて気になりだした。

 

どうでもいいようなことを次々と思い巡らせては、不安や焦りを感じた。

考えてもどうにもならないことが気になって仕方ない。

 

どんどん時間が過ぎていくことで、焦りが増し、ますます寝付けない。

完全に負のループに入った感じ。

 

ようやく眠りに入ったかと思っても、

変な夢をみたり、体がピクッとなるたびに目が何度も覚めた。

そうなると、また入眠との闘いになる。

 

喉に渇きを感じたので麦茶を飲んだ。

でも渇きはなかなか治まらない。

体温を測ったが平熱で何ともない、暑くもない。しかし喉が渇く。

 

自律神経系の異常な場合に、喉が渇くことがあるらしいのだけど、

自分には今まで、乱れを感じても喉が異常に渇くということはなかった。

 

心療内科に通院していた頃の抗不安薬を飲もうかと考え、

薬箱から取り出して枕元に置き、横になった。

それからいくらか経つと、少し気分が緩んだ感じになった。

多分、間もなくして、入眠出来たのであろう。

早期覚醒は無かったので目覚ましで目を覚ました。

 

しかし、絶対的な睡眠量と質不足なので、起床しても食欲は無いし、

行動に起こせない。

 

でも、緊急対応事案が発生中なので、出社しなければならない日だった。

フラフラしながら家を出た。

3年前に、駅で倒れて救急搬送されたことを思い出した。

今日はまたそうなるかも知れない不安があったけど、会社に何とか到着。

 

ほぼ自席から動かずに、業務時間を過ごした。

何度も呼び出しされたけど、階段を使って相手の席まで行くのが、辛かった

ので、teamsで何とかお願いした。

帰りの電車とバスは乗車するや否や空席に収まり、ぐったりした。

 

今こうして、記事を書いているが、今夜も悩める一夜になるかと思うと

暗い気持ちになる。