こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人

早く辞めたい

朝起き即下痢後、昨日のカレーを食べた。

 

カレーは弱った胃腸には刺激が強い食べ物なのだが、

食欲不振でも比較的、食べる気になる。

(最近、お茶漬けだと、食べられなくなってきたのは、食欲不振のステージが

上がってしまったためと思われる。)

 

整腸薬を飲んだ後、公園に向かった。池の近くの木陰にあった岩に腰を下ろし

2時間くらいボーっと過ごした。

目の前で、アオダイショウみたいな蛇が、あまりの暑さのためか、

池の中にドボンと飛び込んでいった。

 

釣り糸を垂らしてのんびりしているおじさん

網をもってトンボやアゲハチョウを追いかけまわしている子ども

いいね、羨ましい限りだった。

それに引き換え、自分は明日から職場で起こる出来事に戦々恐々。

 

12時間後には、早期覚醒で起きて、即下痢して、

唾液が出ずとも、何かしらを胃に詰め込んで、10Kgのカバンを撫で肩で背負って、

炎天下の中、出かけなければならない。

 

こんなことを繰り返すためだけに生かされている。

嫌で嫌で仕方ないことをやり続けて、

キラーストレスであっけなく逝くというね。