こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人

倒産カウントダウン

政治問題で怒号が飛び交う会議が増えてきた。

現在、office365に登録されている定例会議の数は、1週間で14個。

その半分が、緊急トラブルで設定されたもの。

当然、殺伐とした空気になり、お互い顔が見えないオンライン会議ということも

あり、感情剥き出しに怒号か飛び交う。

 

5月継続してリストラ実施中ということで、次々と会社を去っている。

そのリカバリーを残された者たちが強いられているというストレスが、

さらに各従業員の心情不安を増長させ、まともな打ち合わせにならない。

 

そんな中、先週最もひどかったのはあの人。

ブチ切れ大学出身か?とも思ってしまうこのクズは、

ブタマスクよろしく会議早々ブチ切れて、そのテンションのまま終了まで、

これでもかというほどの罵詈雑言を個人に浴びせ続けた。

こんなのが管理職だというのだから、

いかに会社が腐っているのかということが分かる。

こういう給料泥棒こそ解雇すべきなのに、

何故か口八丁手八丁でうまいポジションに納まり生き残る。

 

そして、今月末で希望退職する人たちは、ほとんどが有給消化に入っている。

自分が緊張せずに会話できる数少ない人らも、相当数いなくなる。

ますます、ここにいる意味が無くなってきた。

 

もう、完全に別の会社になってしまったと言っても良いくらい、

今よりも良かったころの企業文化が消えてしまった。

あとは倒産するだけの時間を刻んでいる。