こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人

おがくず

自分の仕事を完全に放棄して長期休暇宣言した人物が、先週現れた。

 

ここ数か月、かなり締め切りに追われていた様子だった。

それなのに、平気で有給休暇をとったり遅刻したりと、

変な行動が目立っていた。

 

そして、長期休暇宣言をした後、その人の仕事の状況を調べてみると、

開発終了間際なのに、何もしていないという驚愕の事実が判明した。

 

でもその仕事は、3月から開始していて、計画通り進めていれば、それほど

窮屈な内容では無かった(予算もあったし人もアサインされていた)。

 

完全に、責任放棄の逃亡策だ。

 

会社は、長期休暇宣言を認めるかどうか分からない。

しかし、本人は、就業規則に記載されているのだから、

認められないのはおかしいと主張するのは目に見えている。

 

では、この進捗ゼロの致命的な状況をどう考えているのか?

まあ、奴には知ったこっちゃ無いだろう。

少しでも、責任を感じているのならば、こんな暴挙に打って出るわけがない。

 

希望退職で社員が激減した中、猫の手も借りたいというのに、困ったものである。

何故、こんなのを残留させたのか?人事戦略の理解が出来ない。

 

今3人分の仕事を抱えている身だが、更なる業務増大を警戒している。