こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人 絶望的なレベルで無能

パンクと思って自転車屋へ

日々節約、懸賞、アンケートに励んでいても、よき知らせが来ない。

 

非効率なことだけど、それくらいしか小遣いを稼ぐ手段が無い。

 

発信力の無さ、社交性の無さ、コネの無さ、頭の悪さ、真面目なバカさ。

 

とてもじゃないが自力で収入を得られるような人間ではない。

 

何のとりえもない自分に嫌気を感じながら、会社を後にした。

 

抗不安剤の効果が切れて、ガス欠ゆえ、早めに退社した)

 

帰り道の途中で、自転車の前輪の空気の甘さに気が付いた。

 

最寄りの自転車屋が8時まで開いていたのを思い出し、そこまで

 

転がしていった。天気が悪くて雨が少し振っていたが我慢した。

 

店員さんにみせたところ、タイヤがひび割れだらけで、丸ごと交換した方が

 

よいと言われた。確かに、買ってから一度もタイヤ交換したことは無いので、

 

かなりくたびれた感じになっていた。

 

パンク修理だと預かり修理になるので、20分で終了するタイヤ交換をお願いした。

 

アプリのダウンロードしたので工賃5%OFFになったけど、

 

それでも工賃6000円という大きな出費だった。

 

金がどんどん消えていく一方で、

 

体をぶっ壊して、働いても働いても、薄給で光は見えない。

 

 

 

また来ない病だ

自分の仕事でバツが悪くなると数日来なくなる人の話。

月曜火曜と来ていない。

過去に何度かこのブログでも登場している。

 

そのたびに、自分が急遽自分の仕事を投げ捨てて対処することになる。

残業で対処するも、何ら評価はされない。

彼は、大炎上が下火になるまで数日休み、出社した際、

何にも悪びれる様子はない。

それが当然だという態度で堂々としている。

 

もし私が体調不良で休んだ場合は、

彼は決してフォローをしないで、放置に徹する。

 

もう、正直に言おうか

 

この人の度重なる見え見えのケツまくり行動が、

自分のメンタル不調の一因である。

そして、このことは、会社を辞めたいという気持ちにもさせている。

 

 

 そしてバカ真面目な自分が、毎回貧乏くじを引く。

体調を崩す、嘔吐する、緊張型頭痛、不眠、絶望感と続くわけ。

 

 

 

 

 

 

お祈りされた

仕様通りの目覚めの悪い朝だった。

 

会社PCを立ち上げる前に、家のPCを起動して、メールチェック。

 

先月末に、応募した企業から「お祈り」がきていた。

 

勤務地の近さとリモートワーク導入という2点に魅かれて、応募したのだけど、

未経験の業界だったし、技術領域も異なる職種だったから、予想通りの結果。

 

 ただ、もし書類通過したとしても、ちょっと困惑してたかもしれない。

(困惑の理由は、後日投稿する予定だが忘れるかも)

 

簡単に言うと、今の会社にあと数年残留するための道を探るために、

今、大きく変わろうとしているということ。

 

もしそれが叶うなら、今飲んでいる抗不安剤を飲まずに生活できるかもしれない。

 

 今週末に心療内科へ行くことになっている。

 

そこで採血するようだけど、薬による変化をみたいためだと言っていた。

 

3種類処方された薬のうち、飲んでいるのは1つだけ。

 

なるべく飲みたくないから、量も少なく回数も少なくしているのだが、

 

それって検査するとバレれしまうのだろうか?

 

 

 

 

 

またトラブル

こころは拒否しているけど、自分の頬を引っ叩いて、寝床から

抜け出した。

何とか少しご飯を胃に入れて、抗不安剤を飲み、鞭打って出勤した。

心身に負担を掛けてる、無理をしているのが自分でもよくわかる。

 

例の契約社員に、怖くて話しかけられなかった。

遠くから見るのが精一杯で、その人の視界に映り込むことなんて、

足が震えて心拍数も上がり出来なかった。

後になればなるほど、問題がこじれるのは百も承知なのだけど、

どうしても踏み出せないでいる。

 

本業では、トラブルに見舞われた。

皆、如何に他人に業務を擦り付けるかのスキルを磨き合っている。

自分は惨めに防戦一方。

首と肩に緊張が走り、血行不良からの緊張型頭痛という定番コース。

 

ガス欠になり、前に進もうとする意欲が一瞬で奪われた。

一日が非常に長く感じた。

 

 

 

 

怖い人との交渉に今から恐怖感

会社設備手配の事で、いろんな人に聞いて回ったけど、

誰も詳しい人がいない。

皆、異口同音に「○○さんなら分かるかもしれない」と言ってくる。

 

実は、うすうす自分も、そうだろうなと思っていた。

 

しかし、○○さんと話すのは大の苦手。

いいや既に苦手を通り越して怖くて怖くて近寄れない。

因みに、○○さんは自分よりも一回りも年下の契約社員

 

2週間前に一度、○○さんへメールで質問したのだが無応答。

(自分のような空気みたいな人間の)メールなど忘れているのか?

アドレス振り分けで、ゴミ箱フォルダーへ直行なのか?

 

過去話したことは何度かある。

いつも最初は、優しめの口調で話しかけてくるのだが、

突然、ドスの効いた声に変調する。

 

 

それが怖い。

 

 

何かまずいことを言ったのかどうかも見当がつかない。

あと、早口でまくし立てて来るので、こちらが話を咀嚼する間を与えない。

聞き返すと、さらに早口で返してくるので始末が悪い。

こんなことを何度か経験するうちに、極力避けて遠ざけて距離を保ってきた。

 

でも今回ばかりは、避けて通れそうにない。

 

ただでさえ、仕事のストレスで気持ちが落ち着かず、

今も貧乏ゆすりが止まらないのに、ちょっとした設備の話をすることですら、

大きな障壁になっている。

 

今晩、抗不安剤を飲んで、明日の朝も飲まないと、前に進めないかもしれない。

 

東武バスの特典が無くなったことに気が付いた

通勤で使う東武バス

 

運賃は、いつもSUICAで払っている

 

SUICAを使って5,000円分乗車すると、850円もポイントが付いて、

バスの利用に使うことが出来る

定期券を買うよりも安くなるので、かなりお得なサービスだと思う

 

しかしながら、このサービスが先月末で終了していたことに気が付いた

 

これまでバスから降車するときに、当月利用料がある金額に達すると、

「ポイントが付きました」と機械が音声を発するのだが、

最近、全然それが無かった。

 

金曜日に、ふとバスの停留所の張り紙に気づき、ポイントサービス終了

を知った。

 

 

心療内科

先週、会社を午後休んで心療内科へ行った。

 

・不眠

・食欲不振

・倦怠感

・吐き気

・頭痛

 

全部症状伝えつつ、職場環境のストレスも説明した。

 

医師の見解は、完全に「うつ病」というものだった。

今すぐ診断書を書くので休職をした方が良いとアドバイスされた。

 

自分の感覚では、まだうつの一歩手前かなという気持ちがあったので、

少し驚いた。

 

というのも、仕事は何とか、嘔吐しながら、

フラフラになりながら、続けることが出来ているし、

仕事以外のことなら、興味が向くものに関してまだ取り組めていると

感じているからだ。(朝は嘔吐から始まり、全然使いものにならないけど)

 

もちろん異常なコンディションであることは自覚している。

しかし、過去、何人も職場でダウンしていった人たち、

未だに復職出来ない人たちと比較すると、そこまでのレベル

ではない(と思いたい)。

 

診断書は、いつでも出せるという事なので、今回は断った。

処方薬が3種類(抗うつ剤1つ、抗不安剤2つ)出た。

 

以前デパス離脱症状で苦しんだ記憶がある。

今回の抗不安剤は、一錠で12時間ほど効き目がある薬と120時間効き目がある

ものなのだけど、なるべく飲みたくない。

 

どちらを飲むべきか、ネットでいろいろ調べて悩んだ結果、

12時間効果を飲むことにした。

120時間タイプの方が、耐性は付きにくく、離脱症状も少ないみたいだけど、

もし薬の相性が悪く反って気分が悪くなった場合、120時間も耐えることに

なるのが怖い。

 

朝、夕の一錠の指定だけけど、夜だけ半分に割って飲んでいる。

抗うつ剤は飲まない。

 

で、効果はあるのか?と問われると、夜飲む分、眠気が出てきて寝つきが

少し良くなったような気がする。

仕事中、やや気分が落ち着いているような感じもする。

(単に、炎上案件が片付き始めているからかもしれないが・・・)